【レポート】5月20日ツール・ド・大山が開催されました!

鳥取県江府町御机の小屋の前を通過するサイクリスト。
のどかな田園風景が広がる御机(みつくえ)のいつものイメージとは少し違う一枚です。



5月20日(日)、第17回ツール・ド・大山が開催されました。
ツール・ド・大山実行委員会が主催するイベントで、自転車で大山を一周します。標高差は約800m、大山一周回コース約80km、急勾配の上り下りもある、上級者向けのコースです。
元々は自転車好きの方だけで始められたイベントですが、自転車愛好家の間で参加者も年々増加し、今年は過去最高の648名の応募がありました。

↓コースマップはこちらです。

>詳しくは鳥取県サイクリング協会のページをご覧ください。

ツール・ド・大山の様子をご紹介します


10:00間近のスタート地点。ゼッケン番号順のスタートです。
大山への入り口・大山博労座をスタートして、桝水高原を通り、御机に向かいます。


いよいよスタートです!





みなさん、力強く坂を上っていかれます。



御机(みつくえ)周辺です。




道路には、コースを間違えたりすることのないように、誘導看板や路面標示がされていました。コース上の路面標示は約70か所ペイントされていて、イベント後もそのまま残されるそうです。練習のときは、このペイントを目印に、安心して走ることが出来ますね。




奥大山休暇村CPで、休憩&栄養補給。
山菜おこわのおにぎり、どら焼きやバナナがふるまわれていました。


地蔵峠の展望台付近から撮影しました。かなりの上り坂です。



船上山に向かうスギの木立ちの中で撮影しました。
コースは半分以上来てるはずですが、手を振って下さる方もいて、「みなさん元気だなあ〜」と感心しました!
車2台がやっとすれ違えるくらいの狭いくねくねした道が続きます。

下りは自動車よりも早いスピードで走り抜けられる方が多かったです。



大山町香取村です。ここは戦後開拓団の方たちによって開墾された土地で、すごくきれいな高原風景が広がります。


レイクホテル入口CP。ゴールまで「あと5km」!


あと少し、頑張ってください!


ゴール直前。 80km近く走った後の、この長く続く上り坂はきついと思います。


ゴール!!
本当にお疲れ様でした!

ゴールのあとは、牛骨ラーメンと豚汁がお出迎え。

新緑の映える初夏の大山。自転車で大山の素晴らしさや雄大さ、厳しさを味わうため、来年もぜひご参加ください。



<<おまけ>>
個性的なウェアが気になりました!

こんなアニメのウェアを着た方が!さすが漫画王国とっとり!?


安来のチームのウェアです。腰の「くいものや」がイイですね!


白地に青い水玉でとっても目立っていたこのチーム。岡山のスポーツバイクショップの方たちだそうです。



それでは、また来年、新緑の季節に大山でお会いしましょう♪
TOTTRIP

ツアーの種類で探す

  • ポタリング・サイクリング
  • カヤック
  • トレッキング
  • 登山
  • クルージング
  • 文化体験

ツアーの場所で探す

  • 山
  • 海
  • 大山のことなら 大山ツアーデスク
  • 海・里のツアーなら 皆生ツアーデスク
  • ロッキー石村のニュースフラッシュ
  • カラッキーのフォトダイアリー
  • スタッフブログ DAISEN WONDER
  • 大山彩発見
大山王国ホームページ http://www.daisenking.net/  ※企画・編集 大山中海エコツーリズム協議会
Copyright© 大山中海エコツーリズム協議会 All rights reserved.